トップページへ
Under Updating Everyday
ボルダリング 日記 お絵かき 更新履歴 その他 プロフィール メール
 Translate to English by google

2009年07月10日

TNF OSJ志賀高原トレイル50K(cp1 to cp2)    (トレイルラン)

DSC06298

TNF OSJ志賀高原トレイル50K(start to cp1)のつづき

第一関門通過しました。疲労はほとんどなし。左足つま先がちょっと痛い位で他はいたって快調。つうわけで水を2杯頂いて飲んで、特に休むことなく行きます。
ここスタートと同じところを登るんだけど、今度は真っ直ぐ上まで。。。



DSC06302

ゲレンデをのぼります。



DSC06303

まだまだ登ります。
顔から塩吹いてます。
暑いときのレースでは毎回熱中症みたいな感じになっちゃってました。
今回は対策として、帽子をかぶる、水を多めに持ってってこまめに給水、塩分(アスリートソルト)もこまめに摂取。を心がけました。



DSC06304

リフト降り場に近づいてきました。
でも登りはまだつづきます。



DSC06305

まだまだのぼります。



DSC06306

こんな道もありました。
枕木っぽい??



DSC06307

ここで前を歩いていたランナーさんがまちがえて左へ
うしろから「21番さん、コースこっちですよ~!」
戻ってきました。
でもちょっと先でやっぱり左から降りてくる人が。
「あれ?あの方も左行っちゃったんですかね?」って言ったら
「そうそう忘れてた、あっちに美味しい清水があるんですよ」って21番さんは引き返す感じでそっちに行きました。
この方登りがとっても速いんです。その後も何度も下りで抜いて、登りで抜かれて。。
そのたびに話しました。
登りで私が「私登りぜんぜんだめで。。先どうぞ」「どうも私は登りだけなんです」
下りではコース譲ってくれて「お先どうぞ!」「ありがとうございます」って感じ
最後に会ったのは横手山の登りででした。ずいぶん体力温存してたみたいだし恐らく私よりだいぶ前にフィニッシュしたことでしょう。登りで速い人ってカッコイイな。



DSC06308

もうちょっとでピークだ!



DSC06310

スキー場終了です。
ここから極悪な登山道です。
何が極悪かっていうと。。。



DSC06312

どろっどろの階段
木段はハードルになってます。ただの障害物です。



DSC06313

寺小屋山山頂に到着!11時ちょうどです。
第一チェックポイントから1時間。まさに計画通り!

さあここからガンガン走るぞー!!

って思ったが・・・



DSC06315

こんなところが沢山。。

でもこの区間は割りと気持ちよく走れるところもありました。



DSC06318

こんな山の中にスタッフさん、本当にご苦労様&」ありがとうございます。
しかも細かい虫が沢山。



DSC06319

足元どろっどろでこの段差。
って思って写真撮ったけど、ここなんてまだマシな方だった。。。



DSC06320

あちこちこんな状態です。ドロドロ
足がすべるからか、泥で電波が遮断されてるのか、ときどき通信出来なくなってました。
フットポッドによる速度表示が0.0km/hとかなります。累積の距離もそのままだったり。
まあそれでも目安にはなるかな。それに高度計があるからそっち参考にできるし。



DSC06321

たまーにこんな感じの走りやすくて気持ちいいトレイル
ほんとたまにね



DSC06322



DSC06323

11時56分、赤石山山頂到着
スタッフさんごくろうさまです。
若干貯金が減りました。たぶん思うように走れないから。



DSC06326

山頂から見えた池
天気よかったらすげー景色いいんだろうなー



DSC06328

3人組外国人のひとりの女性ランナーさんに写してもらいました。
さんきゅー!



DSC06329

赤石山山頂付近の岩峰



DSC06330

きれいな花が咲いてました



DSC06331



DSC06332

うっそうと笹が茂ったシングルトラック。
走りやすいです。きもちいいー



DSC06333

ちょっと降りてきたら雲も晴れていい眺めです。
この池の名前はなんていうのかな??



muddy steps

ふたたび泥階段のはじまりです。
ただでさえ登りは遅いのに。。。



DSC06338

見事な苔



DSC06339

再び泥地獄。。凹むー



DSC06340

ベンチの誘惑。。
でもここは走れるとこだったのでスルー



DSC06341

さっきの池は大沼池だったみたいです。



DSC06344

ゲレンデにでてきました
スタッフいわく4面あってこれ全部登れば横手山の関門とのこと。
高度計でみるとあと250mぐらい登りです。




DSC06343

ミスターハーンに似た日系の外国人
見た感じぜんぜん日本人だったんだけど、日本語が変だったww
でもだいたい通じる日本語をしゃべってました。

一緒にいたもうひとりのお仲間は見た目アメリカ人っぽい外国人さん。
この方は英語のみでした。



DSC06346

このピークが最後。登ったら第二関門だよって説明したら
Last hill !? yeah!!
って喜んでました

エイドステーションはどこ?下にはないのか?とか
こおすると楽だよ。と後ろ向きで登ったり、四つんばいになってみたり。
「ほんとだー」と一緒にやってみたりして2人で馬鹿やってました。楽しいw



DSC06351

えっと、このあたりでジッパーおろした胸元に蜂が飛び込んできて刺されました。
イテッ!!!
小さな虫も沢山いて、むき出しの足も沢山くわれてます。かゆーい



DSC06350

3面目。
この面みたとき、ええーースゲー急!って思ったけど、、



DSC06352

左上になんかもっと見えるのは。。。



DSC06354

ちょ、な、この坂。。



DSC06355

見上げた図、うへー
関門のタイムは余裕だからいいけど、これ関門ギリの人には酷だなぁ。。



DSC06357

すごいです
油断すると後ろに転がっちゃいそうです。



DSC06358

登りきりました!やったー!!!
しばらく登ってくる人を応援してました。
「がんばれー!!ラストーー!!!」



shiga-kogen trailrun 50k cp2&aid station

というわけで第二関門。14時5分ぐらい。
第一関門では予定4時間48分を実際は4時間ちょうど。48分アヘッド。
第二関門では予定8時間24分を実際は8時間5分。貯金は19分にまで減りました。
思ったように走れなかったなぁー

でもこれからは下り。
作戦図ではフィニッシュタイムが10時間6分でいま貯金19分あるから、
お!まだ10時間きれるんじゃね??
とちょっぴり欲が残ってました。

TNF OSJ志賀高原トレイル50K(cp2 to finish)へ続く


※ "TNF OSJ志賀高原トレイル50K"関連のエントリー
OSJ志賀高原50ケー
OSJ志賀高原トレイル50K
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(前日)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(start to cp1)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(cp1 to cp2)


きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 23:00 | コメント (0)



2009年07月09日

トレイルランナーの飲み会    (トレイルラン) /(日常の出来事とか家族の話とか)

送信者 ドロップ ボックス

新宿で飲み会。
パラダイス企画が20人ぐらい?XCESSから3人。あとカブラッキーとタッキー。
写真は鏑木さんのウェスタンステーツの準優勝祝い
XCESSは3人だけだったので頑張って存在感をアピールしてきました!!(ん?)
つーか、パラ企の皆おとなしすぎwww

企画&運営&幹事&ゲスト&皆様、お疲れ様&ありがとうございました。

5b8ee389.JPG



きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 23:59 | コメント (0)



2009年07月07日

TNF OSJ志賀高原トレイル50K(start to cp1)    (トレイルラン)

TNF OSJ志賀高原トレイル50K(前日)のつづき

車の音で目を覚ます。時計をみたらちょうど3時。
昨夜寝たのが1時だから2時間睡眠か。。ちょっと短いと思いもう一度寝ようと思ったけど無理みたい。
スタッフが準備してるのかだんだんザワザワしてきたし、あとなにか巨大なタービンかコンプレッサーの様な音(リフトでした)が気になって寝れない。眠くない。
まあそれでもいのさん起しちゃ悪いからそのままシュラフにもぐってました。
そのうちいのさんもごそごそ動き出したから起床!

着替えたり装備を準備したり、テントたたんだり。
ここはゴール地点です。スタート地点まではバスで移動します。
バスの時間まで思ったほど余裕なくて朝食はスタート地点に行ってから食べる事にした。
5時ちょうどにバス出発

あ、書き忘れました。いのさんもレースに出ることになりましたww

34428235_2860108457

バスはスタート地点で一旦停車。トイレに行きたい人はそのまま乗車。スタート地点にトイレないんです。
バスはすこし先の一ノ瀬の宿泊街へ。
一ノ瀬グランドホテルさんでトイレをすませてスタート地点へ歩く。
スタート地点についた時はスタート前30分ぐらいだったかな?
荷物預けるトラックの前に座り込んでクロワッサンとブラックコーヒーで朝食。
こんな直前に食事してるからか、気がついたらビデオ撮影されてたww

「目標は?」「完走することです」

今日の私の目標はあくまでも完走することです。
あと、レースを楽しむこと!!楽しんだもの勝ちです。
典型的なファンランナーだと自負しております。

そしてここで突貫野郎さんに会えました。
突然「なまさんですか?」って
生「そうですが?」
突「突貫です」
生「うわー、やっとお会いできましたね、その節はお世話になりましたww」
突「こちらこそお世話になりましたwwww」

この後、例の話で盛り上がったのは言うまでもありません。
突貫さんとリンリンちゃんは3日出場だそうです。既に2日走ってるってスゲー!



DSC06251

そろそろゲートの方にみんな移動してるので我々も移動してスタートにならびます。
前日のコース説明きく限り渋滞しそうなところもないし、だいたい完走が目標ですし、後ろの方へ並びました。

事前にコースマップみて思ったのは「序盤は緩やかな下りが続くからここで飛ばして時間稼ごう!」って思ってたんです。
でもね前日の説明では「第一関門まではアップのつもりでできるだけ体力温存したほうがいいですよ」ということだったので、素直に従う事に。



DSC06254

例の話で盛り上がってたらあっというまにスタート時刻ww
最初は少しゲレンデを登ります。



DSC06256

いってきまーす♪
あれ?「OSJ志賀野反トレイルレース」って去年のじゃない?www



DSC06257

スタートしていきなりみんな歩きですwww
こんな展開初めてwww
スタート直後なのにアスファルトじゃないっていうのといきなり登りってことでしょうか?
その先に渋滞の心配がないからって理由もあるかもしれません。



DSC06258

すこし登って今度はゲレンデを横切ります。
リフトの下を通過しました。リフトのワイヤーを猿の親子が上手にわたってました。
このあたりからゆっくりと走り出します。



DSC06260

一の瀬ファミリーゲレンデ!懐かしい!!!
30年ぐらい昔に俺が初めてスキーしたとこ。オヤジの会社の旅行で。
初めて板はいた俺をいきなりこのゲレンデの一番上まで連れてったのはオヤジの会社の若い社員さんだった。
一ノ瀬に来たのはそれっきりでした。
その時はこの斜面が急斜面に思えたけど、いま見るとそんな急じゃないのねww



DSC06264

その後こんな感じのトレイルとかジープロードとか。ずーっと緩やかで走りやすかったです。
ジープロードでたとこで一回目のトイレ。。いのさんは先行。でもすぐに追いつく。
いのさんは監督さんとおしゃべりしながら走ってました。私も話に参加。ここでも例の話で盛り上がりました。
いま思えば今回のレース、ほんといろんなランナーとおしゃべりしながら走ったなー

そしてこのあたりでちょっとペースアップ。あまりにも遅く感じたんで。
でも、その先でトイレってたらいのさん先にいっちゃいました。

このゆるい下りの区間だけでなんと4回もトイレいっちゃいました。
昨夜のアルコールと夜間の水分摂取、スタート直前のコーヒーの利尿作用でしょうか。。
男子だったから良かったけど、女子は大変ですよね。



DSC06267

そろそろ下りきったはずなんだけど、アスファルトにでてちょっとづつ登ってます。
下りきったのか??



DSC06269

しばらくアスファルトの登りが続きました。もうさっきの場所では下りきってたんですね。
コースの高度図だけを頼りに立てた作戦ではこの登りは結構急と思ってキロ20分で計算してました。
ところがアスファルトでそんなに急じゃなくてこの区間で大分時間を稼げちゃった。モウケ!

おおきなヒュッテが見えました。ということはそろそろスキー場か?



osj shiga-kogen trailrun 50k - aid station

焼額山スキー場のふもとに最初のエイドステーション
ハイドレーションに水はたっぷりあったけど、エイドで冷たーい水を頂き。うめー!!ごちそーさま。



志賀高原トレラン50K 焼額山

焼額山登山道入り口



DSC06274

黄色い花と高い空
スタッフさん曰く「ここからはトレッキングだと思ったらいいよ」
他のランナーとおしゃべりしたり、写真とったりしてのんびり歩きました。
レースなんて感じじゃなくて、ほんとハイキング気分♪

レース前にいのさんとも話てたんだけど、外国人の参加者が多いですね。
招待選手とかそおいう人じゃなくて、普通の外国人ランナーさんが沢山います。
ここでもおそろいの赤のウェアを着た男2女1のランナーさんに会いました。この人たちと俺とペースほとんど同じでこの後なんども追いついたり追い越されたり。
XCESSのメンバーで海外のレース参戦とか行きたいなーなどと考えたり。



DSC06280

けっこう登って来て山頂手前で振り返る。けっこう登ってきたな~



DSC06281

リフトおりばに到着。
でもここは山頂の一つ手前でした。横手山ピークはもうちょっと。
右手にしたSUUNTO coreさんの標高表示がとっても役に立ちました。気持ち的に余裕がでますね。
だましピークにまどわされません。
「あと300mだから、東京タワーより低いじゃん。ビルなら10階ぐらいかな?」と考えると苦しい登りもがんばれました。



DSC06283

山頂はまだ!
ゲレンデにコンクリートの舗装路が現れました。
登りながら後ろを振り返るとリンリンちゃんが居ました!!
3日連続なのにすげー!!



DSC06284

スキー場の案内看板
焼額山へ向かいます。



DSC06285

こんなとこもあります。
板がシーソーみたいになってるとこがあってびっくり。



DSC06286

あれが焼額山山頂、もうちょっと!



DSC06287

焼額山山頂到着です。最初のボスキャラ制覇。
coreの標高表示がマイナス50mぐらいでした。スタート時にキャリブったんですが、その後気圧が上がったのでしょう。天気良くなってきてるしね。



view from top of mt. yake-bitai

景色サイコー♪



DSC06291

さあここからは大好きな下りです。ぶっとばします。



DSC06292

薄曇りだけどいい景色。きもちいい~

下りはあっという間でした。
一ノ瀬の町にでてきました。
スタート前にここでコーラが買えるって話してたんで、コーラが飲みたくなりました。
でも自動販売機みつからない。ホテルの中入らないと無いのかな??

一か所案内所みたいなとこで自販機見つけたけどお札使えなかった。。
千円札しか持ってない。。。ざんねん。。



DSC06296

今朝スタート前にトイレを使わせてもらった一ノ瀬グランドホテルを通過。

時計を見るとチェックポイントを4時間ぐらいかな。作戦より30分ぐらい早い。
この時点で完走できるって確信してました。ここでこれだけ余裕があればね。
タイムも余裕だし、体力も余裕。練習してないことで不安だった膝も全く問題ないしね。

そう思ったらそのことをきっこに喋りたくなって電話しました。
「おはよー」って、そうかまだ10時前か!もう昼過ぎな感じ。
これからメイの試合の応援に行くって。メイがんばれよ!父さんもがんばってるぞ!

そしてスタート地点に戻ってきました。
声援がひときわ大きいです。
手を振って「ごくろうさまー!ありがとうございます!!」と
そのせいか写真撮るのわすれたみたい。。。

第一チェックポイント通過はちょうど4時間
完走&楽しむ事が目標なのにちょっと欲がでてきて「10時間切れるかなー」などと考えてしまいました。


TNF OSJ志賀高原トレイル50K(cp1 to cp2)へつづく



※ "TNF OSJ志賀高原トレイル50K"関連のエントリー
OSJ志賀高原50ケー
OSJ志賀高原トレイル50K
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(前日)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(start to cp1)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(cp1 to cp2)


きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 23:00 | コメント (2)



ホッタラケ    (日常の出来事とか家族の話とか) /(映画の話)

8月22日にホッタラケの島~遥と魔法の鏡つうアニメ映画が始まるそうです。
べつにアニメに興味あるわけじゃないんですけど、この話の元になった昔話のホッタラケ昔話ってとっても近所の話なんだそうです。きっこの講演会の時に市の職員さんが教えてくれました。
この話にでてくるお稲荷様ってウチから歩いて5分。ちいさなきったない祠があるんだけどそれなんだとか。
映画の舞台となった為に最近はその祠にはカギがかかってます。が、何も盗るもんねぇだろぉ?


きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 16:03 | コメント (0)



結合係数    (Books) /(音楽の話)

igottafeeling_youkasho.jpg


志賀高原のレポート書く前にちょっと驚いた事があったのでソッチをエントリ。。。

私は本を読む時は、ヘッドフォンして音楽聴きながらって事が多いです。その方が雑音が入ってこなくて本に集中できるんです。音楽には集中しません、ただのBGMです。
ところがこうやってると無意識のうちに、ニューロン同士の結合重み付け係数が自然に調整されているみたいです。

今朝、電車で(筋肉痛で電車通勤w)音楽聞いてました。シャッフルしてました。
the black eyed pearsのi gotta feelingが流れてきました。
そのとき!なんと!!宋と遼の合戦の光景が頭の中に浮かんできたんです。ほんと無意識のうちに。

1秒後、なぜ??って考えたんです。
そうか、楊家将を読んでた時よくBGMにこのアルバムを聴いてたっけ。なるほど!!

無意識のうちに脳に刻み込まれる記憶、すげー!

似たようなのにlinkin parkのminute to midnightを聞くとハコネ50Kを思い出すってえのもあります。
これはレース中に聞いてたわけじゃないんだけど、ちょうどそのころ良く聞いたからでしょうか?

常に音楽がある生活。これからも良い音楽に出会っていきたいです。




きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 12:21 | コメント (2)



七夕    (日常の出来事とか家族の話とか)

おはようございます。今日7月7日七夕はサキの誕生日です。
今年で17歳、早いなぁ・・・1年毎のなにかの記念日が来る度にそう思う。
だから少なくとも一年にひとつは何かやり遂げたい。
ちなみにサキは16歳の1年を有意義に過ごせたみたい。常に前向きなその姿勢は親の俺が見習わなければ・・・
とはいえ「キツイ練習を毎日続ける」、なんて事は真似出来ませんけどwww
ちなみに名前「咲」の由来は本人がブログで言ってる通りです。

毎年夏に大輪の花を咲かせている我が娘。
一緒に居るだけで周りの皆を明るくしてくれるサキ。
そんなサキをお父さんは尊敬してます。今年の夏も応援するからねー♪


※今夜は仕事で帰りが遅い&サキも試験中なので誕生日パーティは土曜日かな。


きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 06:30 | コメント (4)



2009年07月06日

TNF OSJ志賀高原トレイル50K(前日)    (トレイルラン)

DSC06231

XCESSから一緒に参加するはずだったinoさんが、多摩川源流ぐるり70Kで痛めた足が完治してないらしい。直前までDNS(Do Not Start:棄権)かもって言ってた。
DNSでも現地には行きますよーってありがとう。

そして土曜日昼過ぎにinoさんが来ました。なんかしっかり走る道具持ってきてるじゃんww

選手受付会場のなんとかセンターで受付、いったんコンビニまで戻って(近くにコンビニありませんでした)再び会場へ。
パーティ始まるまでに明日の準備って思ったけど、突然の夕立とかで大して準備できないうちにパーティ。

同じ日に北丹沢のトレランのレースもあったんだけど、こっちを選んだ理由は、
1.パワースポーツ主催:レースは楽しくなくちゃ。イベント色が強いOSJのレースはほんと楽しいです。
2.50キロ:おととしのハコネのリベンジがしたいんです。だから50キロ。
3.TNF:おととしのハコネの(ry
4.志賀高原:30年ほど前に初めてスキーをしたのが志賀高原でした。



DSC06234

若い観光協会会長の音頭で乾杯!
紙コップの中はビール色したなにかw



DSC06236

コース説明。「総距離は50ケーです」www
冗談じゃないですよ。タッキーがそおいったんです。
1OSJケーは1.1~1.2kmといったとこでしょうかww
いままでハコネとか奥久慈とか参加されてるかたはなんとなくわかるでしょうwww



DSC06430

今回用意した作戦図
コース高低図に目標タイムを書き込んだやつなんだけど、その辺は抜かりなく+10%ぐらいでタイム計算しておきました。
とはいえほんと適当で、参考になる地図とかなくて、登りは時速3キロ、下りは時速10キロって感じで計算したタイムです。前半のなだらかな下りは時速12キロで計算したかな?
第二関門通過できればゴールの制限時間12時間は問題なさそう。
ってそう簡単じゃないんですけどね。その辺はレース当日編にて。



DSC06237

コース説明後はゲストの鏑木さんのwestern statesのレポート
鏑木さん、今回はレースは参加しないんだけど(走ってきたばっかりだしね)、こうやってゲストとして参加。レース当日もあちこちで応援してたりほんとお疲れさんです。公務員の職務の合間にレースでる方が楽チンでしょwww



DSC06238

western statesのレポートはTV用に編集された秘蔵VTRを上映しながら鏑木さんが解説する形式。
100mile(100km)ってオイ!!wwww
このVTRはそのうちTVで放送されるかもとのことでした。お楽しみに。



DSC06240

ビール色をした液体がお口に合わず終始不機嫌なinoさん



DSC06244

いったんお開きの後、さっきコンビニで買った地ビールでお口直し
inoさんはピールエール、俺はホワイト。うっまーい♪
後ろではあまったオードブルが。。。勿体無い。。
レース前夜ということもあって選手はそうそうに宿に帰っちゃうんです。
量減らしてもいいんじゃない??その分うまいもの用意するとか。



DSC06245

立食も疲れたので、ロビーにて二次会。
長野オリンピックや過去のワールドカップの歴史のパネルをみて懐かしがってました。
inoさんがスキー詳しいのはちょっとビックリした。



DSC06242

会場の片付けも終わったらしくスタッフさんに「そろそろ閉めちゃいます」と言われてお開き。
「呑まない」って宣言してたのに結局呑んでしまった。でもビール4本だけ。
会館閉められちゃう前に歯磨きと洗顔。そして今夜はこの駐車場でテント泊。
うちら以外にも数張りテントがありました。
明日は4時おき。早く寝なきゃ。
と言っても寝られません。11時ぐらいまではいのさんとおしゃべり。
その後いのさんは寝たんだけど、のどの渇きで水を沢山飲んで、おかげでトイレに何度も行ったりして。。。
そんなこんなで寝付けず最後に時計を見た時は1時でした。

つづく

※ "TNF OSJ志賀高原トレイル50K"関連のエントリー
OSJ志賀高原50ケー
OSJ志賀高原トレイル50K
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(前日)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(start to cp1)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(cp1 to cp2)


きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 22:22 | コメント (0)



レイチェルきたー!!    (Goods/Gadget/Geek) /(NETで見つけたモノ)

wide-pic_rachael.jpg


ついにソニエリのAndroidケータイがリークしました。
EKSKLUSIVT: MOBIL AFSLØRER SONY ERICSSONS FØRSTE ANDROID-MOBIL

完璧なアンドロイドでレイチェルなのね。すげー!!ソニエリやるき満々だな。

この記事、何語だかわからんから詳細わかんないけど、ところどころわかる文字を拾ってみると。。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン!1GHzみたい!!1ギガ!!すげー!!
これでもっさりなくなるのかな?でも電池のもちはどうなんだろ??

Denne platform skulle også have gode muligheder for avanceret 3D-grafik.
デニープラットフォームは3Dグラフィック用のなんかを持ってる??グラフィックアクセラレータのことかな?レンダリンググリグリなのかなぁ??

samt HSPA-hastigheder op til 7,2 Mbit i sekundet.
HSPAハイスピードで7.2Mビット

Telefonens kamera er på 8 megapixels og med autofokus.
電話カメラはオートフォーカス8メガピクセル!!

Der er også en 3,5 mm jack tilslutning samt mini-USB i toppen af telefonen.
3.5mmのヘッドフォンジャックとmini-USBがある。ふーん、HT-03Aみたいに変換ケーブルなくてもヘッドフォンが刺さるんだ。いいな。

800x480のWVGA

ここまで書いて下に英語訳がついてたのに気がついた..._no

本体サイズがわかんないんだけど、ちょっと大きめなのかな?
国内販売がいつになるかわかんないけどこりゃあ面白い端末。

こっちにも記事があった
Sony Ericsson Rachael - New Sony Ericsson Cell Phone

ほほーカスタムUIか、使い勝手のいいUIだといいなー




きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 21:02 | コメント (2)



OSJ志賀高原トレイル50K    (トレイルラン)

取り急ぎ写真をアップします。
Flickr set - OSJ志賀高原50K http://www.flickr.com/photos/nama/sets/72157621006265094/

レポートはのちのち・・・

※ "TNF OSJ志賀高原トレイル50K"関連のエントリー
OSJ志賀高原50ケー
OSJ志賀高原トレイル50K
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(前日)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(start to cp1)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(cp1 to cp2)


きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 12:25 | コメント (0)



2009年07月05日

OSJ志賀高原50ケー    (トレイルラン)


DSC06251, originally uploaded by namaRyo.

距離は「50ケー」だそうです。「キロ」じゃないんだってww
気持ちよく走って来ました~、楽しかったぁ!!
10時間45分ぐらいで無事完走!!

詳細はまた今度書くかも・・・

※ "TNF OSJ志賀高原トレイル50K"関連のエントリー
OSJ志賀高原50ケー
OSJ志賀高原トレイル50K
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(前日)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(start to cp1)
TNF OSJ志賀高原トレイル50K(cp1 to cp2)


きっこの「練習日記2」はこちら

Permalink   投稿者 nama : 23:37 | コメント (0)